1/5

RCM-HRPL-Mi7 Horizontalリアポストボディマウンティングセット ライト (Schumacher Mi7/Mi8/Destiny RX10SR3.0)

¥3,300 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

品番: RCM-HRPL-Mi7

品名:Horizontalリアポストボディマウンティングセット ライト (Schumacher Mi7/Mi8/Destiny RX10SR3.0)

日本国内販売用 JANコード:4573559693925

日本国内販売用品番:RCM1392

メーカー希望小売価格(税抜):3,000円

商品説明:超軽量(6g/組)の画期的なHorizontalリアポスト用ボディマウントシステムをご紹介します!

私たちのオリジナルHRPシステムは、何千人ものレーサーがより良い方法でボディをマウントすることを選択し、世界を席巻しています。数ヶ月に渡るホビー、プロドライバーからのフィードバックにより、私たちは特定のレーサーグループにとって、このシステムは重量が最も重要な要素であるという結論に達しました。そこで私たちの使命は、耐久性、剛性、調整機能を維持しながらも、軽量化されたオプションを提供することにありました。

<新しいHRPボディマウント・セットLiteの開発>
いくつかの設計を延性試験と耐久性試験で試した後、私たちは完璧な解決策を見いだしました。プラスチック製のマウントはもちろん、ハードウェアやカーボン製のアタッチメントも若干の軽量化が図られています。マウントのデザインは、アタッチメントを前方に配置するためのスペーサーが不要になり、部品点数やデザインの複雑さも軽減されました。カーボン製アタッチメントの厚さは従来の3mmから2mmになり、スリムなデザインになりました。これは重量面でもメリットがありますが、大きな衝撃を受けたときにカーボンがよりたわみ、プラスチックマウントに伝わる力が弱くなるため、システム全体の強度が効果的に向上します。

ネジとナットはM2サイズに縮小し、強度を高めるためにステンレスを採用しました。これにより、軽量化と同時に、ネジとナットの周囲に以前よりも多くの樹脂を使用できるようになり、耐久性が向上しました。また、マウント上部のM3ナットは、従来のアジャスタブルタイプから固定タイプに変更しました。これにより、システム全体の強度を向上させるとともに、取り付けも容易になりました。調整幅は従来通り、1セット7mmを確保しています。

45%の軽量化により、車重をより低く、より集中させることができ、最小限の強度しか犠牲にしない、上級ドライバーのための素晴らしい製品に仕上がったと信じています。

<HRPボディマウント・システムのメリット>
Horizontalリアボディポストによるハンドリングの向上は、疑う余地のないものです。ダウンフォースをボディシェル背面に活用することで、シャシーに分配されるダウンフォースが増加し、左右の移行時にボディがより密着するため、ハンドリングに大きなメリットを生み出します。

しかし、このシステムの大きな問題点は、耐久性、剛性、アジャスタビリティにあります。

耐久性:穴が常にスカートの近くにあるため、ちょっとしたアクシデントでも簡単に穴が開いてしまったり、穴が破損してしまったりする。

剛性:この部分は非常に薄く、負荷がかかるとたわんでしまい、ダウンフォースを効率よく分散させることができません。

車高調整:車体への取り付け部分のみでの車高調整となるため、微調整がしにくく、調整がしにくい。

Horizontalリアポストボディマウントセットは、これらの点を全て改善しました。

ボディ後部に穴がないため、耐久性が大幅に向上しました。3mm厚のカーボンエクステンションでウイングストラットに接続するため、剛性は抜群です。

カーボンファイバーと樹脂パーツの組み合わせにより、剛性を飛躍的に向上させたボディ。これにより、ダウンフォースを最大限にリアに伝え、エアロダイナミクスを最大限に発揮させることができます。

各エクステンションは7mmのストロークを持ちながら、最小単位で調整可能。2種類のサイズのカーボンエクステンションを組み合わせれば、14mmもの可動域を確保できます。ネジを緩め、カーボンエクステンションを上下にスライドさせ、締めるだけです。ネジはスチール製のナットに固定されているため、ネジの動きや故障の心配はありません。

これにより、最大限のダウンフォースを得ることができ、かつボディ剛性も向上します。また、強度が高いため、クラッシュした際にも、穴が開いてしまったからと言って、ボディを交換する必要はありません。このマウントを使用することで、車体のレーキと高さを調整することができます。

Horizontalリアポストボディマウントセットは、ボディからボディへの移植が可能で、ウイングを確実に固定し、高速走行時やクラッシュ時のウイングストラットの変形を防止します。

そして何より、ボディへの取り付けがとても簡単になります。リアに穴を開ける必要はなく、フロントに穴を開け、マウントをねじ込むだけです。剛性を確保するために、カーボンの両サイドにボディピンを使用することをお勧めしますが、テストではカーボンの後ろにボディピンがなくても、ボディポストがカーボンから抜け出ることはありませんでしたが...。

<HRPボディマウントの選び方>
どのセットがあなたにふさわしいかを知るには、下のガイドのように、ウィングストラットの上端からボディ後部の穴の中心まで測ります。その寸法に合ったバージョンをお選びください。また、ちょうど真ん中あたりに位置する場合や、さらに調整したい場合は、エクステンションを別売りでご用意しています。車種によっては、ポストの幅や高さが異なるため、仕様が決まっている場合があります。以下のガイドに従って、あなたのクルマに必要なバージョンを見つけてください。

【RCM-HRPL-S 】ショートバージョン(ポスト幅100-102mm)。32-39mm
Xray T4'18-'21、Yokomo BD10、Infinity IF14に適合します。

【RCM-HRPL-L】ロングバージョン (ポスト幅100-102mm): 39-46mm
Awesomatix A800MMX、無限MTC2に適合。

【RCM-HRPL-BD10LC】Yokomo BD10LC/BD11(ポスト幅106mm):39-46mm
Yokomo BD10LC/BD11に適合します。

【RCM-HRPL-X4】Xray X4/ARCR12: (112mm ポスト幅):39-46mm
Xray X4/ARCR12に適合します。

【RCM-HRPL-Mi7】Schumacher Mi7/Mi8/Destiny RX10SR3.0:(118mmポスト幅):36.5-44.5mm
Schumacher Mi7/Mi8/Destiny RX10SR3.0に適合します。

<HRPシステム対応ボディ>
当社のHRPシステムは、以下のような市場で最も人気のあるボディに適合します。

すべてのZoo Racing製ボディ(GTボディを含む)
すべてのXtreme製ボディ
Bittydesign Hyper HR
Blitz Roadster

<特徴>
ダウンフォース、耐久性、剛性、外観、調整機能の改善
新しいライトシステムは、すべてのハードウェアを含めてわずか6gです。
すべてのZoo Racing、Xtreme、Bittydesign Hyper HR、Blitz Roadsterのボディにフィットします。
市場で人気のあるほとんどのツーリングカーに適合します。
ボディに穴を開ける必要がなく、ボディへの取り付けが超簡単
2mmプレイエクステンションは別売りでチューニング可能
3DプリントとCNCカーボン構造で、必要なハードウェアはすべて含まれています。
工場にて手作業で組み立て

<取り付け方法>
M3ナット(付属)を六角穴に挿入し、ウイングを取り付けることにより、ウイングストラットにマウントを取り付けます。Blitz Roadster以外の車種は、オフセットカーボンが外側を向いていることを確認してください。
マウントを緩め、好みの高さに調整します。左右の高さが同じであることを確認し、締め付けます。M2ネジは締めすぎず、あくまでも「くびれ」を作る程度に。
クリップを取り付けたら、ボディの前後移動を最小限に抑えるために、ボディピンやアジャスターを追加してください。

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥3,300 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品